@ A B

C D E

F G H
home
itusyukai
調和体(自詠)H

◇気儘な自由詩をつくり、その詩を書いて楽しむ−増田艸亭◇



<題名 :外界の心> 人生観を詠む。

『 よき外界の社会がいつ来るのやら、道徳心や羞恥心や譲り合い精神が、近ごろ薄らいでしまった現代の世。』


<題名 :積み重ね> 書道観を詠む。

『 書の音痴に陥らない為には、確かな臨書を繰り返すべし。』


<題名 :昔の路を> 人生観を詠む。

『 昔の思い出がいっぱい詰まっている、此の路あの路ふたたび歩いてみたい、誰かなんと誰かさんと誰かさんとで。』


<題名 :四季> 季節感を詠む。


『 新緑うきうきの春、太陽ぎらぎらの夏、紅葉らんらんの秋、空色しんしんの冬。』


<題名 :臨書方法> 書道観を詠む。

『 手本の視点は形状を幾何学的に捉えし、外側の輪郭から入り内側の粗密に迫る。』


<題名 :書の土台> 書道観を詠む。

『 書の土台の古典を念頭に置き、自然情景の趣を字画に表わす。』


<題名 :限り> 書道観を詠む。

『 人生には限りあり、限りなき学書の道。』


<題名 :団栗> 季節感を詠む。

『 どんぐり拾いをしながら、こども時分を振り返りし。』





トップページへもどる       書法研究・聿修會(いつしゅうかい)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ itusyukai ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・